Your Slogan Here

Last posts published:

様々形のサプリ

運動も大切

一般的に、男性よりも女性のほうが便秘になりやすいと言われています。その理由の1つとして、お腹の筋肉が少ないことが挙げられます。便を排泄するためには、腹筋が必要です。女性は男性より筋肉量が少ないので、便を押し出す力が弱いのです。そのため、筋肉を増やすための運動をすれば、便秘改善に効果があります。腹筋を強化するためだけに限らず、便秘を解消するためには、適度な運動が必要だと言われています。便秘解消に効果的なお茶やサプリメントに加えて、次のような運動やアクティビティを毎日の生活に取り入れると良いでしょう。【有酸素運動】腸の働きは、新陳代謝と関係があります。体の血流を良くし、新陳代謝を活発にすれば、腸の働きも促進されて便秘改善効果が期待できます。新陳代謝を活発にするには、有酸素運動が効果的です。有酸素運動とは、ウォーキング、エアロビ、ヨガなど、体に酸素を摂り入れながら行う運動のことです。ハードな運動をする必要はありません。リラックスしながら楽しく行いましょう。ストレス解消にもなり、ますます便秘改善効果がアップします。【マッサージ】お腹をマッサージすることにも、腸の働きを促進する効果があります。腸は、向かいに立った人から見て、時計回りの方向に渦を巻いています。そのため、自分のお腹を「右下→右上→左上→左下→右下」という順にマッサージすれば、腸の動きをサポートすることができるのです。マッサージは、ゆっくりと押しながら円を描くように行います。このとき、便秘が続いている人は、便の塊を感じるかもしれません。腸の流れに沿って便秘を押出してやると良いでしょう。ただし、痛みを感じるときは、無理をしてはいけません。便秘解消効果のあるお茶やサプリメントで便をやわらかくし、マッサージで排泄をサポートしてあげましょう。 [...]

カプセル型のサプリ

食生活の改善

便秘を解消するためには、食生活を見直すことが大切です。食べる物に注意するだけでなく、食べ方にも注意すべきポイントがあります。便秘に悩んでいる人は、次のような点を見直しましょう。●食物繊維をたっぷり摂りましょう。食物繊維は、腸の働きを促進する作用があります。また、便のかさを増やすので、腸の中を動いて排泄されやすくなります。野菜中心の食生活をすれば、食物繊維の摂取量を自然に増やすことができます。●こまめに水分補給しましょう。便が水分を失って硬くなると、排泄しにくくなります。便秘を防ぐには、水分を意識的に摂ることが大切です。特に、朝起きた時に冷たい水を飲むと、腸を刺激して活性化することができるため、便秘改善に効果的です。●朝ごはんを食べましょう。朝は、胃腸の働きが最も活発化すると言われています。朝ごはんを食べると、食べたものを消化するために腸が活発に動き始めます。その結果、スムーズに排泄しやすくなると言われています。ただし、朝ごはんを食べた後に慌てて家を飛び出したりすると、排便のタイミングを逃してしまいがちです。便秘を改善するためには、朝ごはんを食べたあと、ゆっくりとリラックスした時間を確保することが大切です。体と気持ちを落ち着かせることによって、自然と便意を感じることができるでしょう。●ヨーグルトなどを食べて、乳酸菌を摂りましょう。便秘を改善するためには、お腹の中の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることが大切です。そのためには、乳酸菌やビフィズス菌を食べるのが効果的です。乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトなどにたっぷり含まれています。なお、お腹の善玉菌のエサとなるオリゴ糖を一緒に食べると、一層効果がアップします。お腹の中に善玉菌を蓄え、エサを与えて育てることによって、腸内環境を改善することができるのです。このように、便秘を改善するためには、食生活の上で心がけなければならないことがたくさんあります。ですが、これらの全てを常に完璧にクリアするのは難しいものです。そのため、必要に応じて便秘解消に効果的なお茶やサプリメントでサポートすることが大切です。食物繊維が不足していると感じたら、食物繊維を豊富に含んだお茶やサプリメントがオススメです。乳酸菌を摂取するためにヨーグルトを食べるのが難しければ、乳酸菌のサプリメントを飲みましょう。お茶やサプリメントを上手に活用することによって、無理なく便秘対策を続けることができます。これらを継続すれば、きっと、便秘知らずの体質を手に入れることができるでしょう。 [...]

青汁

合併症状に注意

便秘は、美容と健康の大敵と言われています。便秘になると、お腹が張って苦しいだけでなく、様々な体のトラブルを引き起こすのです。たかが便秘と侮ってはいけません。便秘が悪化すると、次のような症状や病気につながります。【大腸がん】便秘になっている人は、腸内環境が悪化しています。腸内環境が悪化するというのは、腸の働きを促進する善玉菌が少なくなり、腸の働きを阻害する悪玉菌が増加している状態を指します。腸内に悪玉菌が増加し続けると、最悪の場合、大腸がんを引き起こす可能性があるのです。【イレウス(腸閉塞)】私たちが食べたものは、胃と腸を通って消化吸収され、便となって排出されます。便秘が慢性化すると、便として排出されるべきものが、腸の中に居座り続けることになります。すると、食べ物が腸管を通過しにくい状態になってしまいます。ひどくなると、イレウス(腸閉塞)と診断され、治療が必要となる場合があります。イレウスになると、嘔吐感や頭痛といった症状が現れます。また、治療するためには、腸管にチューブを入れて詰まっているものを吸引したり、手術したりすることもあります。【痔】痔は、最も便秘と併発しやすい症状の1つです。便秘の人は、水分が少なく硬い便になりがちです。そのため、排泄時に肛門が切れ、出血しやすくなります。それが連続すると、切れ痔になって、排泄の度に血が出たり傷んだりするようになります。切れ痔になると、痛いせいで排泄をすることが怖くなってしまいます。その結果、トイレに行くのを我慢してしまい、ますます便秘になるという悪循環が起こります。また、便秘になると、便がなかなか出ないために、排泄時に力む時間が長くなります。すると、肛門に強い力がかってうっ血します。その結果、イボ痔になりやすくなります。イボ痔になると、排泄がますます困難になることがあります。このように、便秘は様々な病気や体のトラブルを引き起こす可能性があります。重篤な病気に発展する前に、予防したり、対策を講じる事が大切です。生活習慣の改善、適度な運動といった基本的なことはもちろん、便秘解消に効果的なお茶やサプリメントを使うのも良い方法です。 [...]